システムエンジニアのための資格取得学校

システムエンジニアはコンサルタントとの良好な関係を

システムエンジニアのための資格取得学校

コンサルタントとの関わり方

コンサルタントとの関わり方 システムエンジニアの転職活動の進め方、フリーランスの案件獲得は、独力で探す方法の他に、コンサルタントを活用する方法があります。ここでは、コンサルタントを効率よく活用することで、よりよい転職活動、案件獲得のポイントをご紹介いたします。

ポイント1:複数のコンサルタントを活用

独力で転職先を探す際には、複数の求人サイトに登録しているものの、コンサルタントの登録は1社のみという方も少なくありません。しかし、コンサルタントについても複数社を利用すべきです。
理由の一つは、コンサルタントといっても得意としている分野等は異なることが想定されます。したがって、自分自身及びこれまでの経歴等を様々な観点から評価してもらうことで、これまで想定していなかった企業、職種等も応募対象になることが想定されます。
二つ目は、コンサルタントは、自社の紹介先に転職先が決まることで売り上げが計上されます。つまり、複数社のコンサルタントを活用しているとなると、自社で決めてもらえるように良い条件の企業を紹介したり、年収等の諸条件についても粘り強く交渉することとなります。その際、自分自身で応募している企業、他社を利用している旨もコンサルタントに適切に伝えるとともに、「御社を最優先で考えている」という旨を伝えておくことが重要です。

ポイント2:面接対策の活用

転職活動においても、企業が採用の選定の際に重視するのは面接試験です。当然のことながら、それぞれの会社の特長、求めている人材像を知り、質問される事項をあらかじめ想定することが必要ですが、現在の職場で勤務しながら、転職活動をしている場合、面接対策に十分な時間をさけない現状にあります。そこで、コンサルタントと一緒になって対応策を立てることが非常に効果的です。自分自身では適切な回答としていても、受け手(面接官)に違和感や誤解を与える項目であることは少なくありません。そのあたりを指摘し、改善していくこともコンサルタントが得意としているところでしょう。その他、面接対策だけではなく、面接の日程調整、職務経歴書等の必要書類の提出、その他企業への問い合わせ等も含めたやりとり等についてもコンサルタントに任せてしまいましょう。特に、日程調整や問い合わせも、独力で行っていると企業側からの回答が遅くなり、別の企業への応募等のアクションが遅くなってしまうことが起こりえますが、コンサルタントに任せることでこれらもクリアになります。

まとめ

我が国を取り巻く経済社会の環境は変化し、グローバル化が進展している中で、大学等の学校を卒業してから定年退職まで同一の会社で勤務していく人の割合は減少し、特に能力のある人から転職、さらには独立していく割合は増えていくことでしょう。その際、重要なキャリアアップの段階となる転職活動、案件獲得で失敗しないためにも、プロであるコンサルタントをうまく活用してください。

資格を取りたいシステムエンジニアによく見られている記事

上を目指すシステムエンジニアへ!エージェント活用法上を目指すシステムエンジニアへ!エージェント活用法

PAGE TOP

Copyright © 2015 システムエンジニアのための資格取得学校 All Rights Reserved.